劇的な改善というのは難しいけれど…

薬の副作用によって抜け毛が増えることはしばしば起こることがあります。
よく知られている薬としては、抗ガン剤やうつ病で処方される薬などがあります。こうした薬は治療の一環として、どうしても服用する必要があることから、抜け毛が気になっても途中で止めるわけにはいかないものです。また、薬を処方される場合、医師からの説明がありますので、心の準備はできてはいると思っていても、やはり抜け毛の症状が出てくると心配するのも無理はありません。そのため、できるだけ副作用を抑えていきたいのですが、薬を服用しているため、劇的な改善というのは難しいといえますが、改善方法がないわけではありません。

 

arrow たとえば、規則正しい食生活を心かげることが挙げられます。治療中というのは、どうしても体調がすぐれない日や、気持ちが塞ぎがちになりやすいため、乱れた生活をしてしまうことがあります。特に、食事は用意することが億劫になってしまうこともありますので、なるべく規則正しい食生活を維持していくことが大切です。

 

arrow また、どうしても抜け毛が気になってしまう方は、精神的にも悪いですから、かかりつけの医師に相談してみるという方法もあります。もちろん、治療は続けていかなければなりませんが、少しでも副作用を軽減できる方法をアドバイスしてくれますのでおすすめです。

 

hat

arrow また、抜け毛が気になって外出するのがイヤになってしまう方もいます。部屋から出ないのもよくありませんので、たとえば、帽子や、女性であればウィッグをつけることで、髪の毛を隠すことができますので、こうした対策をしてみるのもいいと思います。

 

副作用による抜け毛は気になってしまいますが、あくまで治療が目的であることを疎かにせず、途中で服用を止めてしまうということだけは避けるようにしましょう。治療が終了した後からでも、育毛ケアは十分できますし、抜け毛の症状も気にならなくなりますので、心配しすぎるのも禁物です。